終活で後悔しない人生を送るために必要なこと

それは語り継がれる久遠の約束

永代供養の現状

社会構造の変化によって生じた供養の仕方

花

一昔前までであれば、人が亡くなった後には地域が一体となって葬儀を行い、その後にいわゆる先祖代々の墓に納骨した上で供養を行うといった選択をするのが一般的でした。しかし近年、この先祖代々の墓に入るといった選択肢を取らずに、永代供養を行なっている霊園などに納骨をするといった選択誌を取る方の数が増加傾向にあるのです。永代供養を選択する方の数が増加傾向にある理由としては、過疎化によっていわゆる田舎がなくなることで、先祖代々のお墓がなくなってしまった方の数が増加しているためであり、またはなれて暮らす子や孫などの親族に迷惑をかけないために、永代供養を選択する方の数が増えているためでもあります。

永代供養を利用するメリット

永代供養とは、それを行なっている霊園の僧侶などの手によって、文字通り永代に渡って供養を続けてもらうことが可能な選択肢となっています。利用にあたっては最初に費用を払った後には、後にそれ以上に費用が掛かることがなくなるといった点も、人気を集めているひとつの理由となっています。いわゆる墓石などを墓地に作ることができないものの、その墓地の墓石が誰も供養を行なうことがない無縁仏のような状態になってしまうことは防ぐことができる点は、現代社会において最大のメリットと言うことができるでしょう。近年の核家族化の影響によって、供養に来る親族がいなくなった墓石の数は年々増加傾向にあります。またライフスタイルや宗教感の変化によって、僧侶との関係性も希薄になりつつある現代社会において、こういった選択肢をとる方の数はますます増加していくことが予想されているのです。