終活で後悔しない人生を送るために必要なこと

それは語り継がれる久遠の約束

数珠の種類

葬儀に欠かせない数珠の選び方

写真と花

葬儀に用いる数珠というのは、自分の宗派によって形が違います。ですが、基本的に日蓮宗の人以外は、1連の数珠を使えば大丈夫です。 それと、数珠というのは、安いものから高級なものまで色々あります。値段の差というのは、珠の素材によって変わります。プラスチックやガラス製は、とても安いです。しかし、サンゴや翡翠製の物ならばとても高いです。値段が安いからといって悪いわけではありません。ただ、高級なものほど、数珠の品質が長くもちます。なので、自分の好みに応じて選べば良いです。

遺族と話すときのポイント

葬儀に出席した際には、遺族とどんな会話をすればいいのか悩んでしまいます。もしも相手に話しかけられた場合は、短く弔意を伝えるようにすれば良いです。絶対にやってはいけないことは、長々と話しこむことです。久しぶりに昔の知人と会うと、思い出詰で盛り上がってしまうことがあります。しかし、葬儀の場ではふさわしくないので、軽く挨拶をする程度にとどめます。 また、葬儀で遺族が急に泣き出してしまうケースもあります。やはり、仲の良い友人に会うと、心の緊張が解けてついつい号泣してしまいます。そのような時は、少しの間、泣かせてあげるようにします。体に触れて慰めながら、「大変でしたね」と声をかけてあげるだけでも、遺族の方は癒されます。

対応問題

仏像の顔

亡くなった方の遺品整理への対処はかなり難しい問題であり、簡単には対応できないことが多いです。そのようなときは専門の業者に依頼をすると、色々なサービスを利用することができます。

More...

ピックアップ

遺品整理業者

参列

社会全体の高齢化と核家族化が進展しているため、専門業者が提供する遺品整理サービスを利用する人が増えてきました。都市部では遺品整理サービスに対する需要がとても高くなってきています。

More...

永代供養の現状

花

近年の核家族化や少子高齢化、都市部への一極集中化などが深刻な社会問題として生じ始めた背景を受けて、故人の死後の弔い方にも大きな変化が訪れ始めています。そのため永代供養の利用率が高まっています。

More...